BLOG

京都で活動する演劇団体『空降る飴玉社』のブログ

12月企画・初のクリスマスシアター出演者募集!

おはようございます!
空降る飴玉社のクリスマスシアター運営部です。
この度、空降る飴玉社では、今年12月にスタジオヴァリエさんにて予定しているクリスマス公演の出演者募集を行います。

空降る飴玉社では常に“人生の切り抜きを芝居にすること”を目標として作品づくりに力を入れて来ました。俳優、スタッフ共に様々な視点を切り口に、作品を繊細に丁寧につくることを第一に作品をつくってきました。
今作品に興味のある方、空降る飴玉社の演劇に興味のある方など、ぜひご応募くださいませ!
(※9月企画とともに上げていた記事の内容から更新しております。)


《12月公演企画出演者募集について》
2017年12月22日~24日に上演予定のクリスマス公演の出演者を募集いたします。以下募集内容及び公演概要です。

募集内容:男性出演者、若干名
内容詳細:
・高校生~35歳までの役者経験のある方。ブランクは問いません。
・2017年10月上旬~2017年12月24日までの期間、参加が可能な方。
・2017年10月~11月中旬の週4の稽古、11月中旬~小屋入り前までの週5の稽古に8割参加が可能な方。

活動場所及び稽古時間など:
稽古場所は主に京都市内の中京区、北区、左京区の青少年活動センター、またはいきいき市民活動センターとなります。また稽古時間は平日は18:00~21:00(22:00)、休日は13:00~17:00がメインとなります。

公演参加費:
出演者の方には10000円の参加費をいただきます。(チケットバック制です。)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年12月公演詳細
空降る飴玉社の初クリスマスシアター
『ギフト』(仮)

《ストーリー》
 25歳のOLである女性は、5年前に付き合っていた彼氏を最後に、恋愛から遠ざかっていた。大学時代の友人は大学を卒業するとともに上京するか、実家に戻ってしまい、ほとんど残っていない。毎日会社に行って働くだけで、アフターファイブなんてあってないようなものだ。
 1人で過ごす何回目かのクリスマス。そんな彼女の目の前にいきなり紺色のサンタクロースが現れる。

「トラブルで15年前にクリスマスプレゼントがもらえなかった子どもたちの為に、もう一度サンタクロースがクリスマスプレゼントを贈るキャンペーンで来ました!サンタクロースです!」

突然現れたサンタクロースは、よほどの大きなもの・ことでなければプレゼントすることが出来ると言う。彼女は……、

「恋がしたいです。」
「じゃあ、恋をする為のきっかけをプレゼントしましょう!」

サンタクロースの手の中には一枚のチラシ。そこには、シェアハウスの住人募集の文字が。女性は意を決してシェアハウスの募集に応募を掛ける。


……………が、そこから1年経っても彼女が恋を始める様子は全くなくて!?
恋に臆病なOL、サンタクロースを筆頭に、鳴かず飛ばずの脚本家、自称天才パティシエ、謎の女、不倫大学生に、元・ヤンキーギャルetc…がシェアハウスを舞台に繰り広げる群像劇!
空降る飴玉社がクリスマスにぴったりなラブストーリー×人間ドラマな芝居を贈ります

 
『ギフト』(仮)
日程:2017年12月22日~24日(4~5ステージ)
会場:スタジオヴァリエ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考までに:
過去空降る飴玉社で上演した脚本を以下の問合せ先にご連絡いただいた方にお送りいたします。参加を迷われている方や、一度読んでみたい方もお気軽にご連絡ください。

応募・問い合わせ:
skycandydrop@gmail.comまでに以下内容をご連絡ください。
【件名】12月公演参加募集について
【内容】①名前(芸名)、②性別、③年齢、④ご自身の都合の良い日時

※日程調整を行い、お話の場を設けさせていただきます。その時に公演概要やチケット代などの詳細についての企画書をお渡しいたします。お話は先着順で行わせていただきます。実際にお話させていただいた上でこちらでも参加をお願いするか判断をさせていただきます。ご了承ください。

応募締め切り:
応募締め切りは、8月30日となります。ただし、出演者が決まった時点で締切日よりも先に締め切らせていただく場合もございますのでご了承くださいませ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空降る飴玉社とは?
2014年12月劇団鬼灯・元座長の加藤薫が立ちあげた演劇団体。日常の延長線上にあるドラマチック、且つ”人生の切り抜き”を芝居にすることを目標とした作品づくりを行う。環境や年齢、経験から来る人々のリアルを繊細に描いた会話劇が特徴です。

《公演履歴》
2015年3月『ドロップストーリー~赤い飴、その味を忘れてしまったふりをして~』
2016年3月『So long, but』
2016年9月『レターツリーが紡ぐ時を、待ち侘びて』
2017年3月『ボルガライスは、Que buena!~愛しの江州田梨子に捧ぐ。~』
2017年7月『葡萄色ルージュと空っぽ愛のブルース』

《絶賛活動中!》
2017年9月8日、9日にSocial Kitchen Spaceにて公演予定。
空降る飴玉社の戯曲抜粋企画vol.1『桜の園



空降る飴玉社と一緒にお芝居してみませんか?
皆様のご応募、ぜひ楽しみにお待ちしております。
振るってご応募くださいませ!

2017.8.14
空降る飴玉社の初クリスマスシアター運営係

面と向かってシアター『葡萄色ルージュと空っぽ愛のブルース』

こんばんは。
空降る飴玉社の加藤 薫です。

空降る飴玉社の面と向かってシアター
『葡萄色ルージュと空っぽ愛のブルース』

は、先週7月16日を持って無事終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、ご協力いただいた方々、今作の世界観と舞台をつくり寄り添ってくれたスタッフ一同、そして作品の上で生きてくれた俳優、本当にありがとうございました。

この作品を観てくださった方々、携ってくださった方々の心に残る作品であれば幸いです。向き合うという事はこれから先も必ず誰しもがある行為だと思います。その時に、この作品のことを少しでも思い出してもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。


《余談》
:舞台

さて余談ではありますが、今作品の舞台「葡萄町」は京都の木屋町や三条から四条周辺の小さな通りをモデルにしていました。もしかしたら、所々で出てくるワードやイベントで気がついた方もいるかもしれませんね。京都の夜は温かいイメージがあります。学生の街だから、故郷を離れて様々なところからやってくる若者たち、建物の高さも低くどこか安心感があります。そして、町屋を利用したお洒落で美味しい店や、バー、凝った雑貨屋、大衆居酒屋なんかもたくさんあって夜なのに賑わっています。居心地がよく、温かい、でもその温かさはぬるく、少し冷たさもあって、ひどく安心する雰囲気があって私にはすごく魅力的に思いました。

そんな街をモデルにした「葡萄町」だからこそ、自分の居場所を探し続ける恩が来て、デラウェア、晃がこの街を一度去りながらも、戻ってきたんだと思います。舞台美術と照明、音響がつくってくれた空間にはどこか安心感があって居心地がよく、でも、そこに佇み、見つめている感じがして、「居て」くれました。照明の紫色が甘くも、じっとりとした暑さも、夜の華やかさと鋭利さもありました。祭のコンチキチンや虫の声、バックミュージックが街の様子を、そこで起こっている出来事をみせてくれました。舞台も斜めに使うのは初めてで、十字路とゲストハウス「サマールージュ」、外と中が同居した作りで「葡萄町」に建つ「サマールージュ」が舞台の上に存在してました。


:登場人物
今作では、複雑な人間関係の中で起こる、訳あり、ラブあり、人間ドラマあり!?な群像劇、ヒューマンドラマでした。主人公・恩は劇燐「花に荒らし」の伊藤 優ちゃん。謎の女性(?)・デラウェアは、私加藤。凛子とデラウェアと因縁がある中小企業の次期社長・尚は劇団しようよと虹色結社の藤村 弘二さん。ゲストハウス「サマールージュ」の管理人で、ある秘密を抱える女性・凛子は演劇Unit∮Ringの谷内 一恵さん。凛子の親友を豪語する自由奔放な女性・芙実役はにし ゆりさんが演じていました。登場人物が皆、感情に振り回されて、過去に振り回されて、苛まれて、安心できなくて、でもそこの居心地の良さに縋りついて、でも欲しいものは手に入らなくて。そんな中でぐるぐるしてる人達ばかりでした。狡くて、滑降で、気づけないことで相手を傷つけて、気遣いが空回ってて、人が人に向けるものが多くもありました。もちろんそれだけではなく、それぞれがそれぞれのものと向き合っていました。
私ね、恩や凛子や、芙実みたいな人っていっぱいいると思うのね。ムカつくよね。でも可愛いなあって思うところもいっぱいあるのね。書いたり演出しててぐぬぬっ!こいつ!て思うところいっぱいありましたもん。尚はね、モテるよね。でも優しいって時にはそこにいるだけで救いにはならないよね、でもやっぱり人と人の間には必要だよねって思ってました。晃もね、モテるよね、でも興味がないんだよね、そして優しいようで優しくないし、でも優しいんだよね。それぞれがさ、喋ってぶつける弱さと喋らない弱さがあって、聞く強さと打ち明ける強さがあって、人ってもろくも強い生き物なんだなあって思います。

今作のストーリーで明かされる関係は、尚とデラウェア…晃は兄弟で、尚と凛子は元恋人でした。そして恩がゲストハウスに居場所を見出しながらも常に結婚・“家庭”に対して憧れを持つ矛盾があったり、凛子と芙実は本当に友人と言い切れる関係なのかと疑念を抱いたり、それぞれが当事者なら当たり前に抱く悩みに必死になっていました。

衣裳は登場人物のイメージと作品のイメージを融合して役の立体化に添えてくれました。その人を生きる俳優は、稽古の中で役だけじゃなく、稽古場と座組みと、相手の役とたくさんたくさん向き合ってくれました。


《寄稿について》
今回、『葡萄色ルージュと空っぽ愛のブルース』では、辻企画の司辻 有香さんと、夕暮れ社 弱男ユニットの村上 慎太郎さんのお二人に寄稿をお願いしています。作品がとても好きで憧れていたり、芝居に向き合う姿勢や人柄に憧れているお二人なので、どのような形で寄稿をいただけるのかそわそわし、楽しみにしています。寄稿いただいたものも見つめ向き合いたいと考えています。楽しみにドキドキしながらお待ちしています。(実は空降る飴玉社の「社」は夕暮れ社さんに憧れてのものだったりします。)


《最後に》
今作品は、私加藤が新しい書き方と演出方法で挑んだ作品でした。だからこそ今までどおりにいかないこともあれば、今まで停滞していた部分が動き前進することが出来ることもありました。これから先も演劇を続けて行く中で、観てくださった方に、足を止め見つめ、こぼれ落ちたきらめきを拾っていける作品づくりを目指して行きます。空降る飴玉社のこれからの作品も楽しみにしていただければ幸いです。

それでは、空降る飴玉社の面と向かってシアター『葡萄色ルージュと空っぽ愛のブルース』に、ご来場いただいた皆様、ご協力いただいた皆様本当にありがとうございました。

舞台監督のよもぎっぎ。舞台美術のB君、いのまっちゃん、塚田ちゃん。照明の金木犀。音響の水野さん、鈴木さん。衣裳の長村、兎深笑ちゃん。宣伝美術のODA。宣伝映像の貴穂ちゃん。制作の溝上さん、チャッキーちゃん。

芙実役のにしさん、制作チーフで凛子役のやっちゃん、尚役の藤村さん、恩役の優ちゃん。
本当の本当にありがとうございました!

f:id:sky_candydrop:20170723234437j:plainf:id:sky_candydrop:20170723235320j:plain

PS.
ちょっと書きすぎたね。ブログ、なかなか難しい。書きたい気持ちが溢れてしまいました…!最後まで読んで下さった方々、ありがとうございます。また次回作でお会いしましょう!
2017.7.23.空降る飴玉社 加藤 薫

宣伝PV完成!

空降る飴玉社の面と向かってシアター
『葡萄色ルージュと空っぽ愛のブルース』

宣伝用PVが完成しました!
制作は川田 貴穂(劇的集団忘却曲線)さん!

飴玉社らしいPVが完成し、一同テンションが上がっています。
皆様是非ご覧ください↓

youtu.be

【2017年9月企画と12月企画の出演者募集のお知らせ】

こんにちは!
空降る飴玉社運営部です。
空降る飴玉社では2017年9月公演企画と2017年12月公演企画を行う事となりました。そこで両公演の出演者の募集を行います。
皆さま、ぜひご応募くださいませ!


《9月公演企画出演者募集について》
2017年9月中旬予定の演劇公演の出演者を募集いたします。以下募集内容及び公演概要です。

募集内容:出演者2名(男女各1名ずつ)
内容詳細:
・高校生~30歳までの役者経験のある方。ブランクは問いません。
・2017年8月上旬~2017年9月9日(10日)までの参加が可能な方。
・週2~3の稽古に参加が可能な方。

活動場所及び稽古時間など:
稽古場所は主に京都市内の中京区、北区、左京区の青少年活動センター、またはいきいき市民活動センターとなります。また稽古時間は平日は18:00~21:00(22:00)、休日は13:00~18:00がメインとなります。

公演参加費:
出演者の方は5000円の参加費をいただきます。



2017年9月公演詳細
空降る飴玉社の戯曲抜粋企画

 今企画は、ご応募いただき来ていただいた俳優さんを見て、演出を担当する加藤が海外戯曲または海外文学から作品をひとつ用意・頁抜粋したものから作品づくりを行います。公演時間は約20分から30分になります。海外の古典作品から、空降る飴玉社が重きに置いている繊細な人間描写を織り交ぜながら丁寧に作品をつくって行きます。チェホフ、イプセンの2名の劇作家のどちらかの作品を取り扱う予定です。

日程:2017年9月8日~9日(3ステージ)
会場:京都市内ギャラリー予定


《12月公演企画出演者募集について》
2017年12月22日~24日に上演予定のクリスマス公演の出演者を募集いたします。以下募集内容及び公演概要です。

募集内容:出演者男女若干名
内容詳細:
・高校生~35歳までの役者経験のある方。ブランクは問いません。
・2017年10月上旬~2017年12月24日までの期間、参加が可能な方。
・2017年10月~11月中旬の週4の稽古、11月中旬~小屋入り前までの週5の稽古に8割参加が可能な方。

活動場所及び稽古時間など:
稽古場所は主に京都市内の中京区、北区、左京区の青少年活動センター、またはいきいき市民活動センターとなります。また稽古時間は平日は18:00~21:00(22:00)、休日は13:00~17:00がメインとなります。

公演参加費:
出演者の方には10000円の参加費をいただきます。(チケットバック制です。)


2017年12月公演詳細
空降る飴玉社の初クリスマスシアター
『ギフト(仮)』

《ストーリー》
 25歳のOLである女性は、5年前に付き合っていた彼氏を最後に、恋愛から遠ざかっていた。大学時代の友人は大学を卒業するとともに上京するか、実家に戻ってしまい、ほとんど残っていない。毎日会社に行って働くだけで、アフターファイブなんてあってないようなものだ。
 1人で過ごす何回目かのクリスマス。そんな彼女の目の前にいきなり紺色のサンタクロースが現れる。

「トラブルで15年前にクリスマスプレゼントがもらえなかった子どもたちの為に、もう一度サンタクロースがクリスマスプレゼントを贈るキャンペーンで来ました!サンタクロースです!」

突然現れたサンタクロースは、よほどの大きなもの・ことでなければプレゼントすることが出来ると言う。彼女は……、

「恋がしたいです。」
「じゃあ、恋をする為のきっかけをプレゼントしましょう!」

サンタクロースの手の中には一枚のチラシ。そこには、シェアハウスの住人募集の文字が。女性は意を決してシェアハウスの募集に応募を掛ける。


……………が、そこから1年経っても彼女が恋を始める様子は全くなくて!?
自称天才パティシエ、将来に全く興味がない大学生、鳴かず飛ばずの脚本家希望、時々出入りする謎の女、etc…の住民達とOLの彼女がシェアハウスを舞台に恋愛に奮闘する!?


空降る飴玉社がクリスマスにぴったりなシェアハウスで展開されるラブだけどラブだけじゃないラブストーリーを贈ります!
 
『ギフト(仮)』
日程:2017年12月22日~24日(4~5ステージ)
会場:京都市内の小劇場用の劇場

――――――――――――――――――――――――――――――――――


参考までに:
過去空降る飴玉社で上演した脚本を以下の問合せ先にご連絡いただいた方にお送りいたします。参加を迷われている方や、一度読んでみたい方もお気軽にご連絡ください。

応募・問い合わせ:
skycandydrop@gmail.comまでに以下内容をご連絡ください。
【件名】○月公演参加募集について(※○の部分参加希望の月を記載ください。)
【内容】①名前(芸名)、②性別、③年齢、④ご自身の都合の良い日時

※日程調整を行い、お話の場を設けさせていただきます。その時に公演概要やチケット代などの詳細についての企画書をお渡しいたします。お話は先着順で行わせていただきます。実際にお話させていただいた上でこちらでも参加をお願いするか判断をさせていただきます。ご了承ください。

応募締め切り:
応募締め切りは、9月企画が7月30日、12月企画が8月30日となります。ただし、出演者が決まった時点で締切日よりも先に締め切らせていただく場合もございますのでご了承くださいませ。


空降る飴玉社とは?
2014年12月劇団鬼灯・元座長の加藤薫が立ちあげた演劇団体。日常の延長線上にあるドラマチック、且つ”人生の切り抜き”を芝居にすることを目標とした作品づくりを行う。環境や年齢、経験から来る人々のリアルを繊細に描いた会話劇が特徴です。

《公演履歴》
2015年3月『ドロップストーリー~赤い飴、その味を忘れてしまったふりをして~』
2016年3月『So long, but』
2016年9月『レターツリーが紡ぐ時を、待ち侘びて』
2017年3月『ボルガライスは、Que buena!~愛しの江州田梨子に捧ぐ。~』
2017年7月『葡萄色ルージュと空っぽ愛のブルース』


空降る飴玉社と一緒にお芝居しませんか?
ぜひご応募くださいませ!

2017.7.18
空降る飴玉社運営部

【寄稿予定】空降る飴玉社の面と向かってシアター『葡萄色ルージュと空っぽ愛のブルース』

他団体の劇作家・演出家さんに観劇後に寄稿をお願いしました。
寄稿いただけるお二人をご紹介いたします!

司辻 有香(かさつじ ありか)】
f:id:sky_candydrop:20170612003838j:plain
劇作家・演出家・俳優・辻企画主宰。
1981年富山県出身。京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科 舞台芸術コース 第1期卒業。
直截な言葉を用いて、生身の視点から愛を描く表現が、「皮膚感覚的」と称される。最近嬉しい事は、人が一人一人居てそこには一つ一つ世界があり、世界が一つでは無いと知る事。自己表現の可能性を断定せず、自分を出し惜しまない事を勇気としている。
今後の展望は、人生を描く事。コンスタントに拘らず、本公演は数年に1度のマイペースで活動中。

村上 慎太郎(むらかみ しんたろう】
f:id:sky_candydrop:20170612003939j:plain
劇作・演出家・夕暮れ社 弱男ユニット主宰。
1984京都市生まれ。2005年京都造形芸術大学映像・舞台芸術学科在学中に「夕暮れ社 弱男ユニット」を結成。以降劇団では脚本・演出を担当している。2008年、次代を担う新進舞台芸術アーティスト発掘事業「CONNECT vol.2」(主催/大阪市)にて大賞を受賞。舞台以外にも、テレビ・ラジオなどのドラマ脚本や新作狂言の台本も手がけたりもしている。
主に、演出の趣向性で登場人物のリアリティを追求し、俳優から滲み出る多彩なアイデアを舞台に盛り込んでいくのが特徴。

寄稿後はこちらでも記事の紹介をいたします!

空降る飴玉社 制作部

【公演情報】

面と向かってシアター
『葡萄色ルージュと空っぽ愛のブルース』
脚本・演出/加藤 薫

【日時】2017年7月
14日(金)19:00
15日(土)13:00/19:00
16日(日)13:00/17:30
※開場は開演の30分前です。
※満席時はご予約にて日時指定頂いたお客様優先となります。

f:id:sky_candydrop:20170516131239j:plainf:id:sky_candydrop:20170516131322j:plain

【料金】
□ 前売り・予約 ¥1,000
□ 当日    ¥1,200
□ ペア浴衣割(浴衣でご来場頂いたペア限定)
 上記金額より各おひとり様につき¥100引き

【会場】
人間座スタジオ
 〒606-0865 京都府京都市左京区下鴨東高木町11
 <<アクセス>>
 ●地下鉄「松ヶ崎」より徒歩15分
 ●市バス北8・204・206系統 ②「下鴨東本町」、①「高木町」より徒歩5分
 ●市バス205系統・1系統・4系統 ③「洛北高校前」より徒歩10分

f:id:sky_candydrop:20170516131614j:plain

【出演】
伊藤 優 (劇燐「花に荒らし」)
加藤 薫
藤村 弘二(劇団しようよ/虹色結社)
谷内 一恵(演劇Unit∮Ring)
にし ゆり

【STAFF】
脚本・演出:加藤 薫
舞台監督:蓬 真一(くろずこんび)
舞台監督補佐:BIG-B(くろずこんび/抜きにくい釘)
照明:金木犀
音響:水野 はつね(くちびるに硫酸)
音響オペ:鈴木 邦拡
舞台美術:BIG-B(くろずこんび/抜きにくい釘)、いのまちあーみ、塚田 縁(演劇実験場下鴨劇場)
衣装:長村 安奈
宣伝美術:ODA
宣伝映像:川田 貴穂(劇的集団忘却曲線
制作:かづちやえ(演劇Unit∮Ring)、溝上 千穂(劇団立命芸術劇場)、チャッキー(劇的集団忘却曲線

サイト:http://skycandydrop.strikingly.com/
問合せ:skycandydrop@gmail.com

【予約】https://www.quartet-online.net/ticket/guest-house
※サイトからの受付は前日の正午までとなります。
※専用サイト以外からもご予約を承っております。
  件名「葡萄色ルージュ予約」でお名前・日時・枚数・お電話番号をご連絡下さい。
  E-mailやお問い合わせフォームからのご予約の場合は、返信をもって受付完了とさせて頂きます。

冨田麻衣の期間限定メンバーとしての活動終了のお知らせ

冨田麻衣の期間限定メンバーとしての活動終了のお知らせ

空降る飴玉社の加藤薫です。
この度、空降る飴玉社にて昨年2016年12月から今年2017年7月までの半年間を期間限定メンバーとして活動する予定だった冨田麻衣が、一身上の都合により演劇活動を休止することになりましたので、活動終了時期を早め、2017年4月末をもって期間限定メンバーとしての活動を終了することが決定致しましたのでお知らせ致します。

2016年春に上演した『So long, but』への客演をきっかけに、同年秋上演の『レターツリーが紡ぐ時を、待ち侘びて』、2017年春上演の『ボルガライスは、Que buena!~愛しの江州田梨子に捧ぐ。~』への三作品に、俳優として空降る飴玉社を支えてくれました。
私、加藤が面白いと思う事に全力で乗っかってくれ、悩んでいるチームメンバーの相談に乗ってくれたり手を差し伸べ続けてくれる、頼れる、そして少し変わった存在でした。

空降る飴玉社での冨田麻衣の活躍を楽しみにしてくださった皆様、応援下さった皆様、誠にありがとうございました。

空降る飴玉社は引き続き、演劇活動をしてまいりますので、よろしくお願い致します。

                                 
加藤 薫



冨田麻衣より皆様へ

この度、私冨田麻衣は、諸般の事情により空降る飴玉社の期間限定での活動を終了させていただくことになりました。コンスタントに活動をしていくことが難しい状態であり、関係者の皆様に迷惑を掛けてしまう為、このような判断に至りました。
演劇活動は一度休止させていただきますが、またお会いできればと思います。
ありがとうございました。

                                  
冨田 麻衣