BLOG

京都で活動する演劇団体『空降る飴玉社』のブログ

先生って好き?

f:id:sky_candydrop:20160218013114j:plain

こんにちはー、とみたです。
最近はー、数日前に役者全員集合で語り合いました。不器用ながらもみんなであーだこーだやりながら日々を過ごしています。
意見を出す、というのは多少なりとも自分を削り取って提示するものだと考えてるので、ダメージは受けつつ楽しいなあと思います←

さて、3回目のお題は『印象的な先生について』

今回『so long,but』劇中に3人の教師が出てきます。違うジャンルの先生入れたら4人。
これねー、私なかなか難しいのですが、リアルでも架空でも先生ってあんま好意的な印象なくて()足りない頭を振り絞りフル回転。
教師としてなんとなーく好きだったのは数名ほど浮かびました。

1人は高校の時の世界史の先生?
お芝居好きな方で私が保健室にいるといつもいて、野田秀樹好きって言ったら「珍しい!私も大好きだ!」って遊眠社のビデオ全巻貸してくれました。
やっぱりよくわかんなかったけど、面白かったしありがたかったなあと。まあ授業は真面目に受けた記憶はない←

2,3人目は専門のボイトレの先生とアテレコの先生。
ボイトレの先生にはよく褒められてたなあと。全力で肯定してもらえるのは嬉しいですよね。
アテレコの先生は、学科主任もやっててすごい親身になってくださる方で、みんないっぱい怒られたし泣かれた記憶があります。
私自身卒業制作で先生の班に振り分けられて色んなことがあったなあとか。

4人目は、企画公演のヘドラで参加させていただいた劇団東京都鈴木区の鈴木智晴さん。
ボスは私的に先生っていうか、主宰だし演出だしなんかすげー!みたいな感じで体感なのですがw
教わるというか、芝居演る上で大事なものを見せてもらって学んだな、と。
役者としては一番影響を根っこに与えてくれたかも。お芝居も面白いです、やっぱ。東京まで観にも行くし、お手伝いもしたりする。

皆さん「まいちゃんまいちゃん」言ってくれてよく気にかけてくれたので今でも覚えてます。
専門の先生は他にも私が研修生で入団した劇団の方とかもいらして、まあ迷惑かけてしまったんですけども()大人扱いという点において、良い先生は多かった気がします。
私的には『自己責任』として突き放して、頼られたら受け止めるような人間なので、そういう先生は好ましいですね。
まあ、光にそれをどう組み込めるかなーと頭と気持ちをフル回転してますw
自分的には苦手かもーってなりつつ、良い先生だし憎めないなとは思うので。

でも基本的に好きな芸能人(今は4名)が常に私にとって色んな感銘を与えてくれたり、指針だったりして揺るがない先生だと思って生きてます。
あと仲の良い友達。色んな経験をしてたり、物事を知っていたり、逆に私がそっち側だったり。お互いを高め合える関係しお互いが良い先生かなー。

うん、難しいですね!
まあなんだ、学校の先生より、自分が自分で選択して選んだ人生で出会う人が先生だなって私は思ってますね。
歳下でも歳上でもね。今回脚本演出の加藤さんだって私には先生です。大事にしていきたいですね。とみたでした。
(画像は稽古序盤時のWSからー!)

早割りは終わっちゃいましたがまだまだ皆さまをお待ちしています♡
私は皆さまの先生になれるかな?皆さまは私の先生になってほしい!

http://skycandydrop.strikingly.com/