読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLOG

京都で活動する演劇団体『空降る飴玉社』のブログ「レターツリーが紡ぐ時を、待ち侘びて」全公演無事終演いたしました。ご来場いただいた皆様ありがとうございました!

【空降る飴玉社次回公演『レターツリーが紡ぐ時を、待ち侘びて』出演者募集のお知らせ】

お久しぶりです。
空降る飴玉社です。
この度、空降る飴玉社では機会に恵まれて、次回公演『レターツリーが紡ぐ時を、待ち侘びて(仮題)』を9月17日、18日に打つ運びとなりました。

そちらの公演で、今回空降る飴玉社では、出演者を募集致します。
以下募集内容及び公演概要です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【空降る飴玉社次回公演『レターツリーが紡ぐ時を、待ち侘びて』出演者募集について】

募集内容:キャスト一名
内容詳細:
・高校生〜30歳までの役者経験のある方。性別・ブランク共に問いません。
・2016年7月第二週〜同年9月18日公演及び活動最終日まで参加できる方。
・2016年7月週4日の稽古、8月〜9月週4〜5日の稽古に8割参加できる方。

活動場所及び稽古時間など:
活動場所は主に京都市内の中京区、北区、左京区となります。また稽古時間は平日は18:00〜21:00(22:00)、休日は13:00〜17:00または10:00〜16:00となります。
※本番会場やチケット費についてなどは、問い合わせにていただければご連絡いたします。

参考までに:
過去加藤が書いた脚本を以下の問い合わせ先にご連絡いただいた方にお送りいたします。参加を迷われている方や一度読んでみたい方もお気軽にご連絡ください。

応募・問い合わせ:
skycandydrop@gmail.comまでに以下内容ご連絡ください。

①名前(芸名)、②性別、③年齢、④ご自身の都合の良い日時
※日程調節を行い、お話の場を設けさせていただきます。

公演参加費:10000円(チケットバック制有り)


○今作品について●
今作品では、自分の夢を諦めかけた社会人女性と、その従姉妹である夢を真摯に追いかける学生が、幼い日互いにした約束に囚われながらも、それをときに希望にしたり、人生の壁と感じたりしながら交差していく話です。物書きや演劇など、演劇に触れている人や演劇を観る人に近い感覚を持ってつくる青春劇です。

●空降る飴玉社とは?○
2014年12月に元劇団鬼灯の加藤薫改め、加藤美由が立ち上げた演劇団体。日常の延長線上にある、普段表に出さない感情をストレートに表現しつつ、会話を基調としたドラマチックな演劇を目指す。
統一性のある美術とリアルな感情表現が特徴です。



ぜひ、ご応募くださいませ。

空降る飴玉社