BLOG

京都で活動する演劇団体『空降る飴玉社』のブログ

役者語り ~好きな小説~

こんにちは!
空降る飴玉社 制作部です。


最近、台風が頻繁に発生していますね…!
各地の被害も大きいようですので、ブログをご覧のみなさまも十分お気を付けください!


さて、今回も役者さんたちに語っていただいたことをみなさまにお伝えします!
今回のテーマは「好きな小説」です。
『レターツリー』では「小説」がたくさん登場するだけに、役者さんたちも小説が好きな方が多いみたいです。なかなか熱量のあるお話をいただきました。(笑)




大人になってからはなかなか読まなくなってしまったのですが、星の王子さま』『銀河鉄道の夜など、文体は可愛らしいけどきらきら美しくて哀しいお話が好きです!
読み終わった後に色々考えたりするのが好きで、軽めの文体で中身に色んなリアルなことが散りばめられているものがいつまでも心にも手元にも残ります。
好きなジャンル的には甘ったるい恋愛小説や、ドライなガールズトークが飛び交う少女小説、愛が重い文学作品なども好きです٩(๑•᎑•๑)۶
今は『祐介』ってのを読んでる最中です!!!!←(冨田さん)




最近読んで素敵だなと思ったのは東芙美子「梨園の娘」「美男の血」。繋がっているお話ですが単独でも読めます。歌舞伎がテーマとなっていますが役者の業について深く描かれていて共感できる部分がたくさんあり、ああ~と胸を熱くさせながら読みました。文章も美しく、登場人物が素敵ですよ。私は瑛が好きです。

宮下奈都 「太陽のパスタ、豆のスープ」は高校生くらいの時に読みましたが、料理って生きる源だなと思いました。立ち直っていく主人公と支えてくれる周りの登場人物全てが素敵です。キラキラと温かい強さをくれるお話です。

坂木司 「和菓子のアン シリーズ」 はもう本当に大好きです。和菓子×ミステリー、舞台はデパ地下! 好きな要素が詰め込まれていて、何度読み返したかわからないくらい好きです。主人公のアンがとても可愛いし、なにより立花さんというキャラが素敵で…。また椿店長というキャラを、少し銀野のイメージに使わせてもらってます。これを読んで和菓子の奥深さに目覚め、和菓子の図鑑を見るなどしていました。まだまだシリーズとして続いてくれるはずなので楽しみです。

好きな小説はもっと沢山ありますが、今のイチオシを並べました。小説は素敵ですね。手のひらから旅ができる。文字は私の宝物です。(西尾さん)




わたしはいつもミステリーばかり読んでいますが、最近、森絵都さんの「カラフル」を読みました。
実は高校時代に1度読んでいたのですがふと思い立って再読。主軸にあるのは重いテーマですが、浮遊感のある独特な雰囲気で読みやすくてオススメです。(南條さん)





ここまで役者さんたちに語っていただきましたが、それぞれ好きなジャンルの傾向が違い、好みに個性が出るなぁと思いました。(*^^*)

本は、著者の考えや今までの経験、さらには個人的な趣味嗜好をも文字で記し、一度にたくさんの人に情報を伝える手段です。不思議なことに、同じ文字を使った表現でも受け手によって思い浮かべる情景が違ったり、筆者の言いたいことが多種多様に伝わります。

全ての人が全く同じ受け取り方をしないところが、一番面白いところではないのでしょうか。



空降る飴玉社
レターツリーが紡ぐ時を、待ち侘びて
脚本・演出 加藤美由

日時
2016年 9月17日(土) 13:30〜/18:30〜
18日(日) 13:30〜/18:30〜
※開場は開演の30分前です。

会場
人間座スタジオ


【ご予約受付中!】↓
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=9a537674e5

【メールでも受け付けております。】↓
skycandydrop@gmail.com宛に【件名】レターツリー【本文】お名前、ふりがな、ご希望の公演日と時間、チケット枚数、返信用アドレスを記載の上ご連絡くださいませ。



文字で著した作品の一環である脚本、その台詞を実際に役者さんが口にしたとき、それがどんな風にみなさまに受け取っていただけるのか、筆者はわくわくしています。( *´艸`)


ご予約はお早めに。劇団員一同、劇場でお待ちしております!



2016.9.5 制作部 りそな