BLOG

京都で活動する演劇団体『空降る飴玉社』のブログ

地元の良きとこ、とか

こんばんわ、空降る飴玉社の加藤です。
皆さんは三連休をどうお過ごしになられましたか?
私は、地元福井に帰り、次回作品の資料集めと家族や恩師と充実した時間を過ごしました。

実は元々地元に戻るのも学生の頃は一年に一度帰れば良い方で、滞在も2日とかだったのですが、社会人になってからはちょくちょく帰るようになりました。
社会人になってから地元に帰るのは大切だなと感じるようになりました。

f:id:sky_candydrop:20161010204312j:plainf:id:sky_candydrop:20161010211202j:plain


来年の3月に予定している次回作品は、地元で暮らす人、地元を離れて生きる人に贈る初のコメディ作品を上演します。
そこで早速福井でフィールドワークをしてきました。
フィールドワークと言っても地元なので、ほとんどは地元を離れた人間がもう一度地元の感覚を再確認したり思い出したりすることや、名産物の味の良さを体験したりとか、福井県民の雰囲気や名産品をつくってる姿を実際に見たり、道の駅やフェアに行ったりしてきました!

福井ってあまり華がある県とかではないのですが、美味しい名産品や他人の雰囲気とか面白いんですよ。
例えばへしこや、ばってらなどの鯖料理。越前カニやウニ、サバなど海鮮が有名ですね。エチゼンクラゲも最近では食用として売り出しています。地元ではありませんが、京都ではクラゲアイスとかもあるみたいです!(越前クラゲは体調2メートル150キロになる大型クラゲです。)
地元に帰って久々に食べた刺身は美味かった……!サーモンとかハマチとか口の中でとろけるんですよ!こんな美味いのか海鮮物は……とただただ感動するのでぜひ食べていただきたい……!

後はモンドセレクション金賞を会得した五月ヶ瀬は福井の銘菓としても有名です。また米が美味いことでも有名ですね。黒龍や梵など純米大吟醸の日本酒は世界でも有名です。越前そばや、永平寺のごま豆腐、福井梅などたくさんの美味いものがあります。水が綺麗であることから自然の恵みからつくられた食べ物は絶品です。そしてオムライスの上にとんかつが乗ったソウルフードボルガライス………。今回の作品の中にもいくつか潜り込む予定です……ふふ。

f:id:sky_candydrop:20161010211210j:plain
ヨコガワ分店のボルガライス

食べ物以外だと眼鏡がやはり有名ですね。巨大な眼鏡のオブジェが山に刺さっている(実際は刺さっているわけではありませんが)姿は福井ではおなじみな姿です。また、越前焼や漆器なども有名です。福井全体が一見は地味ですが、たくさんの暮らしにとっての魅力が詰まっています。

f:id:sky_candydrop:20161010211156j:plainf:id:sky_candydrop:20161010211106j:plain
上:越前焼/下:漆器

福井県は都会か田舎なら間違いなく田舎な場所です。私が今でも衝撃だったのは、セブンイレブンが高校二年生の時に福井に初めて出来た時です。それまで、福井にはセブンイレブンなんてありませんから、もちろんCMでセブンイレブンをみることもなく、私はサークルKサンクスと、ファミリーマート、ローソンしか知りませんでした。そして加藤が大好きなスターバックスは県に4つだけあります。驚きました。コンビニってこんなに冷凍食品が充実してるのかと……、冷凍食品やアイスのコーナーが自動ドア付近にない事にさらに驚いたのを今でも覚えています。後は地下鉄なんてもちろんなくて路面電車と車が並走しています。福井のショッピングセンターに遊びに行くときは、いつも路線電車に乗って山や田んぼ道を横切って遊びに行っていました。

f:id:sky_candydrop:20161010211142j:plainf:id:sky_candydrop:20161010211119j:plain


人や田舎暮らしの風景や方言はまた次回作品で……。
これから脚本を書いたり構想を練って行ったりするのですが、また何度か調べに行き、”地元”で暮らすって?、”地元を離れて”生きるって?”学校”って?”姉妹(家族)”って?を追求した、空降る飴玉社らしさのある初のコメディ作品にしていきますので、もしよろしければご興味持っていただけると幸いです……!

それでは、皆さん三連休最後の夜を。お疲れ様です。




※SNSへの写真のアップの許可をいただいています。

空降る飴玉社
加藤