BLOG

京都で活動する演劇団体『空降る飴玉社』のブログ

冨田麻衣の期間限定メンバーとしての活動終了のお知らせ

冨田麻衣の期間限定メンバーとしての活動終了のお知らせ

空降る飴玉社の加藤薫です。
この度、空降る飴玉社にて昨年2016年12月から今年2017年7月までの半年間を期間限定メンバーとして活動する予定だった冨田麻衣が、一身上の都合により演劇活動を休止することになりましたので、活動終了時期を早め、2017年4月末をもって期間限定メンバーとしての活動を終了することが決定致しましたのでお知らせ致します。

2016年春に上演した『So long, but』への客演をきっかけに、同年秋上演の『レターツリーが紡ぐ時を、待ち侘びて』、2017年春上演の『ボルガライスは、Que buena!~愛しの江州田梨子に捧ぐ。~』への三作品に、俳優として空降る飴玉社を支えてくれました。
私、加藤が面白いと思う事に全力で乗っかってくれ、悩んでいるチームメンバーの相談に乗ってくれたり手を差し伸べ続けてくれる、頼れる、そして少し変わった存在でした。

空降る飴玉社での冨田麻衣の活躍を楽しみにしてくださった皆様、応援下さった皆様、誠にありがとうございました。

空降る飴玉社は引き続き、演劇活動をしてまいりますので、よろしくお願い致します。

                                 
加藤 薫



冨田麻衣より皆様へ

この度、私冨田麻衣は、諸般の事情により空降る飴玉社の期間限定での活動を終了させていただくことになりました。コンスタントに活動をしていくことが難しい状態であり、関係者の皆様に迷惑を掛けてしまう為、このような判断に至りました。
演劇活動は一度休止させていただきますが、またお会いできればと思います。
ありがとうございました。

                                  
冨田 麻衣