BLOG

京都で活動する演劇団体『空降る飴玉社』のブログ

12月企画・初のクリスマスシアター出演者募集!

おはようございます!
空降る飴玉社のクリスマスシアター運営部です。
この度、空降る飴玉社では、今年12月にスタジオヴァリエさんにて予定しているクリスマス公演の出演者募集を行います。

空降る飴玉社では常に“人生の切り抜きを芝居にすること”を目標として作品づくりに力を入れて来ました。俳優、スタッフ共に様々な視点を切り口に、作品を繊細に丁寧につくることを第一に作品をつくってきました。
今作品に興味のある方、空降る飴玉社の演劇に興味のある方など、ぜひご応募くださいませ!
(※9月企画とともに上げていた記事の内容から更新しております。)


《12月公演企画出演者募集について》
2017年12月22日~24日に上演予定のクリスマス公演の出演者を募集いたします。以下募集内容及び公演概要です。

募集内容:男性出演者、若干名
内容詳細:
・高校生~35歳までの役者経験のある方。ブランクは問いません。
・2017年10月上旬~2017年12月24日までの期間、参加が可能な方。
・2017年10月~11月中旬の週4の稽古、11月中旬~小屋入り前までの週5の稽古に8割参加が可能な方。

活動場所及び稽古時間など:
稽古場所は主に京都市内の中京区、北区、左京区の青少年活動センター、またはいきいき市民活動センターとなります。また稽古時間は平日は18:00~21:00(22:00)、休日は13:00~17:00がメインとなります。

公演参加費:
出演者の方には10000円の参加費をいただきます。(チケットバック制です。)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年12月公演詳細
空降る飴玉社の初クリスマスシアター
『ギフト』(仮)

《ストーリー》
 25歳のOLである女性は、5年前に付き合っていた彼氏を最後に、恋愛から遠ざかっていた。大学時代の友人は大学を卒業するとともに上京するか、実家に戻ってしまい、ほとんど残っていない。毎日会社に行って働くだけで、アフターファイブなんてあってないようなものだ。
 1人で過ごす何回目かのクリスマス。そんな彼女の目の前にいきなり紺色のサンタクロースが現れる。

「トラブルで15年前にクリスマスプレゼントがもらえなかった子どもたちの為に、もう一度サンタクロースがクリスマスプレゼントを贈るキャンペーンで来ました!サンタクロースです!」

突然現れたサンタクロースは、よほどの大きなもの・ことでなければプレゼントすることが出来ると言う。彼女は……、

「恋がしたいです。」
「じゃあ、恋をする為のきっかけをプレゼントしましょう!」

サンタクロースの手の中には一枚のチラシ。そこには、シェアハウスの住人募集の文字が。女性は意を決してシェアハウスの募集に応募を掛ける。


……………が、そこから1年経っても彼女が恋を始める様子は全くなくて!?
恋に臆病なOL、サンタクロースを筆頭に、鳴かず飛ばずの脚本家、自称天才パティシエ、謎の女、不倫大学生に、元・ヤンキーギャルetc…がシェアハウスを舞台に繰り広げる群像劇!
空降る飴玉社がクリスマスにぴったりなラブストーリー×人間ドラマな芝居を贈ります

 
『ギフト』(仮)
日程:2017年12月22日~24日(4~5ステージ)
会場:スタジオヴァリエ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考までに:
過去空降る飴玉社で上演した脚本を以下の問合せ先にご連絡いただいた方にお送りいたします。参加を迷われている方や、一度読んでみたい方もお気軽にご連絡ください。

応募・問い合わせ:
skycandydrop@gmail.comまでに以下内容をご連絡ください。
【件名】12月公演参加募集について
【内容】①名前(芸名)、②性別、③年齢、④ご自身の都合の良い日時

※日程調整を行い、お話の場を設けさせていただきます。その時に公演概要やチケット代などの詳細についての企画書をお渡しいたします。お話は先着順で行わせていただきます。実際にお話させていただいた上でこちらでも参加をお願いするか判断をさせていただきます。ご了承ください。

応募締め切り:
応募締め切りは、8月30日となります。ただし、出演者が決まった時点で締切日よりも先に締め切らせていただく場合もございますのでご了承くださいませ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空降る飴玉社とは?
2014年12月劇団鬼灯・元座長の加藤薫が立ちあげた演劇団体。日常の延長線上にあるドラマチック、且つ”人生の切り抜き”を芝居にすることを目標とした作品づくりを行う。環境や年齢、経験から来る人々のリアルを繊細に描いた会話劇が特徴です。

《公演履歴》
2015年3月『ドロップストーリー~赤い飴、その味を忘れてしまったふりをして~』
2016年3月『So long, but』
2016年9月『レターツリーが紡ぐ時を、待ち侘びて』
2017年3月『ボルガライスは、Que buena!~愛しの江州田梨子に捧ぐ。~』
2017年7月『葡萄色ルージュと空っぽ愛のブルース』

《絶賛活動中!》
2017年9月8日、9日にSocial Kitchen Spaceにて公演予定。
空降る飴玉社の戯曲抜粋企画vol.1『桜の園



空降る飴玉社と一緒にお芝居してみませんか?
皆様のご応募、ぜひ楽しみにお待ちしております。
振るってご応募くださいませ!

2017.8.14
空降る飴玉社の初クリスマスシアター運営係